検査について
検査について
ホーム > 診療のご案内 > 検査について

検査室 Clinical Laboratory of koseikaiHospital

検査室は医師から受けた指示に従い、検査結果を正確かつ迅速に臨床の場へ報告します。
検査にはさまざまな分析機器を使用していますがいずれも機械が自動で測定し、結果を報告してくれるものではありません。
技師の手で検査を行い技師の目で確認しています。
私たちは確かな結果を報告できるように心がけています。

技術部 部長 山本 匡俊

実施している主な検査

採血検査

全身に流れている血液をサンプルとし、診療に役立つ成分を分析します。
採取させて頂く量は検査項目によって差がありますがほとんどが5〜6ml(小さじ1杯程度)です。
血液はその場で直ちに検査目的ごとの試験管へ分けます。
その後、試験管は分析器で検査を行えるように処理を行っています。

生化学検査

肝機能、腎機能、膵機能、脂質検査、電解質など体の機能に関するさまざまな微量成分を分析し診療に役立てます。

糖尿病検査

血糖、ヘモグロビンA1cなど糖尿病に関する成分を分析しています。

血球検査

白血球、赤血球、血色素や血小板などを分析し貧血、炎症や血球の状態を分析しています。
分析器だけではなく顕微鏡下で技師の目で判断する場合もあります。

尿検査

尿に排出される成分を血液と同様に全身や腎機能の状態を分析します。
また顕微鏡を使用し技師の目で細胞成分や細菌などを確認しています。

心電図検査

心臓の電気的活動を記録し不整脈や心筋梗塞など心臓病の診断に用います。

ホルター心電図検査(24時間心電図)

携帯型の小さな心電計で24時間記録し不整脈や狭心症の診断に用います。
検査室で寝た状態だけでは見られない普段の生活の中での変化を記録します。

睡眠時無呼吸検査(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易型携帯検査です。
ご自宅でいびきや呼吸などの睡眠状態を記録します。
持続陽圧呼吸療法(CPAP)の導入時に必要な検査です。

肺機能検査

肺活量や肺機能を調べ肺炎や気管支炎、ぜんそくなどの診断に用います。

超音波検査(エコー)

超音波の特性(エコー)を利用し内臓や血流を描出することが出来ます。
超音波の透過を良くするためゼリーを塗り体に当てて検査を行います。
注射など薬は使用しませんので安心して検査をお受けください。
心臓、肝臓、腎臓、甲状腺、乳腺、前立腺など様々な部位を検査することが出来ます。

検査について、ご不明な点などございましたらお気軽におたずねください。